給料ファクタリング

土日も即日振込が可能な給料ファクタリング会社一覧

土日も即日振込が可能な給料ファクタリング会社一覧

お金が必要になるシーンや時期は人によって、また個別のケースによって異なると思いますが、現金需要は急に発生することが多いですね。

給料ファクタリング業者も今では選ぶのが難しいほどに数が増えていますが、土日祝日に対応可能な業者は限られます。

本章では給料ファクタリング業者のうち、土日祝日即日振込可能な業者がどれくらいあるのか見ていきます。

■土日祝日に対応可能な業者一覧

①ペイマネー

電話・メール・LINE@での対応で、問い合わせから審査まで幅広い利用手順のあるペイマネー

営業時間は10時~19時までとなっており、公式サイトでは土曜と祝日の利用ができることが分かりやすく赤で表示されています。

全ての営業日で時間の変更はなく、利用手順も幅広いことから気軽に利用できる給料ファクタリング会社と言えます。

審査をしっかりと行っており、ネガティブな口コミが見られない安全性の高い業者として当サイトでも紹介しています。

【ペイマネーの口コミ・評判などはこちらから】

②七福神

七福神

七福神は言わずと知れた給料ファクタリングサービスの先駆けです。

土曜日休みとなりますが、日曜祝日営業しています。

祝日は平日の営業時間と同じく9:00~19:00まで、日曜10:00~18:00までの営業時間となっています。

七福神の運営元は株式会社ZERUTAで、創業当初から優良業者として知られており、安全面においても問題なく利用できる業者です。

本サイトでもお勧めしていますので、日曜、祝日の現金需要発生時には最初に検討するべき業者と言えます。

【七福神の口コミ・評判などはこちらから】

③ENZO

最新の給料ファクタリング会社【ENZO(エンゾウ)】

ENZOは良心的な手数料設定やボーナスも買い取り対象にしてくれるなどの特徴があり、顧問弁護士をつけていることから安全性も高い業者です。

公式サイトには営業日や営業時間の詳しいアナウンスがないものの、平日は9:00~19:00くらいの営業時間となっていることが確認されています。

公式サイトには「土日も申し込みを受け付けています。」と記載があり、ネット上の報告では土日入金の手配をしてくれたとの報告があります。

祝日については、残念ながらまだ実際の入金手配を受けたケースの報告は確認されていません。

【ENZOの口コミ・評判などはこちらから】

④JMマーケティング

JM MARKETING(ジェイエムマーケティング)

社会人向けの現金調達を強く訴求しているJMマーケティングは、ネット受付24時間365日、実務対応が可能な営業時間は平日9:00~19:00までと公式サイト上でアナウンスしています。

ただネット上の報告では祝日に電話したところ、転送でスタッフの携帯電話につながり利用できたとの報告があります。

公式サイト上でアナウンスされているわけではないため、確実に利用できるとは限りませんが、実例として祝日対応の可能性があるとの認識ができます。

JMマーケティングは対応の良さに定評があり、担当者の言葉使いが丁寧で好感が持てるとの口コミが多く見られます。

【JMマーケティングの口コミ・評判などはこちらから】

⑤ファク太郎

ファク太郎

株式会社ワールドリンクオペレーションズが運営するファク太郎は、2020年の1月にサービス提供を開始した新しい業者です。

公式サイト上では平日土曜日の営業時間が9:00~20:00までとアナウンスされています。

日曜祝日休みということになりますが、土曜の需要には実務対応が可能です。

顧問弁護士も付けているようですので、安全面でも評価できます。

【ファク太郎の口コミ・評判などはこちらから】

⑥毎日給料日くん

毎日給料日くん

毎日給料日くんは、給料ファクタリング以外にメディア運営も手掛ける株式会社さくらが運営しています。

公式サイト上では運営時間が月曜~土曜 9:00~18:00となっており、定休日日曜との記載があります。

土曜日も通常稼働体制が確実ですが、祝日は基本的に営業時間外となるでしょう。

当サイトでも個別業者の紹介記事で取り上げましたが、ネット上の評価は概ね好評で、対応が丁寧であることや手数料が他の多くの業者よりも良心的であることから、当サイトでもお勧めしています。

公式サイトが一見すると「ゆるい」感じに受け取る人もいると思いますが、中身は優良業者の一つとみて差し支えありません。

【毎日給料日くんの口コミ・評判などはこちらから】

⑦D-ライン

D-ラインLP

SONマネジメント株式会社が運営するD-ラインは土曜日が休日となりますが、日曜日と祝日は対応可能です。

日曜は18:00まで、祝日は19:00まで通常営業となっています。

【Dラインの口コミ・評判などはこちらから】

⑧キャッシュ代行給料お助けサービス

合同会社CSSが運営しており、土曜9:00~19:00まで、日曜9:00~17:00まで営業しています。

祝日休みになりますが、平日土日対応可能です。

⑨利用はできてもお勧めできない業者

利用はできてもお勧めできない業者

土日や祝日に対応していても、お勧めはできない業者をここでまとめておきます。

以下の業者は安全面リスクが高いためお勧めできません。

GOLD OWL
ファクタルlight
ひまわり給料買取ファクタリングセンター

上記の業者はSNSをメインの媒体として活動しています。

比較的営業日や営業時間で融通が利くものの、素行が悪く利用者を恫喝するような対応をすることもあり、闇金に近い存在として認識されています。

他のサイトでは平日以外で対応を受けられると宣伝されていることもありますが、上記業者への接触は避けた方が無難です。

■土日祝日に即日振込を受けるための条件

土日祝日に即日振込を受けるための条件

前項では土日や祝日に対応可能な業者を見てきましたが、業者側が対応可能であったとしても、それだけで即日の振り込みが受けられるわけではありません。

他にもいくつかの条件をクリアしないと、土日祝日の即日振込受けられないので、この項で確認します。

①金融機関が対応していること

給料ファクタリングは給料債権を売却して現金を受け取ることができますが、ほとんどは振り込みによる受け取りとなります。

振り込みを受けるには金融機関の口座が必ず必要になりますが、土日祝日対応できない金融機関の口座だと、例え給料ファクタリング業者が振り込みに対応してくれるとしても、実際の入金を受け取ることはできません。

ネットバンク土日祝日にも対応していますが、地銀などの口座に振り込んでもらう場合は注意が必要です。

従来、全国の地銀等が利用している「全銀システム」は土日祝日のフルタイムで入金を受けることができない仕様になっていました。

現在このシステムが改良され、土日祝日も含めて24時間の対応が原則可能になっていますが、全国の地銀等ですべての口座が対応しているとは限りません。

自分が利用している金融機関の口座でフルタイムの入金を受けられるかどうかチェックする必要があります。

時間

②在籍確認をクリアできること

給料ファクタリング業者の中には、契約締結の前に在籍確認を要するところがあります。

勤め先の会社に電話を入れて本人がいるかどうかのチェックを行う必要があるので、土日祝日に勤め先が休みである場合は在籍確認ができず、契約ができないことがあります。

その場合は当然振り込みも受けられません。

業者によっては勤め先への荷電以外の方法で柔軟に対応してくれることもあるので、勤め先が休みになる場合は相談してみてください。

③早めに手続きを終えること

金融機関の口座も稼働しており、給料ファクタリング業者側も対応可能だったとしても、申し込み手続きが遅くなると当日中の入金は難しくなります。

午前中のできるだけ早い段階で問い合わせを行い、問題なさそうであればすぐに正式申し込み手続きを行いましょう。

必要書類の画像の準備に時間がかかりがちですので、できれば問い合わせ前に準備しておくことをお勧めします。

事務局側での審査にも時間がかかりますから、これを踏まえて前倒しの進行を意識しましょう。

■まとめ

■まとめ

本章では土日祝日に振り込みを受けられる給料ファクタリング業者について見てきました。

一つ注意点として、多くの業者のサイトで「土日受付可」などの表記が見られますが、「受付可=審査などの実務対応が可能」とは必ずしも限らないことを覚えておきましょう。

申し込み随時受け付けていても、スタッフによる実務対応後日の稼働日になることもあります。

実際の実務対応を受けられる業者はそう多くないので、いざという時は本記事を参考に相談相手とする業者を検討してください。

給料ファクタリングに代わる新たなファクタリングサービスも誕生しています。その、先駆けとなる「アトムの経費精算ファクタリング」も検討してみてはいかがでしょうか?

経費の建て替えが多い人へ【経費精算ファクタリングのアトム】