line_bana_936×220
ファクタリング会社

注目!個人事業主やフリーランスは安心の法人向けファクタリングで即日現金化が可能

注目!個人事業主やフリーランスは安心の法人向けファクタリングで即日現金化が可能

個人事業主やフリーランスの方は自由な働き方ができるのが最大の魅力です。

一方で、金融機関からの借り入れは難度が高く、資金需要が生じた際に困ることもあります。

そのような時でも、取引で生じた売掛債権があれば売却して事業資金に変えることができます。

本章では個人事業主やフリーランスの方にぜひお伝えしたいファクタリングによる資金調達について、安全に利用する方法や注意点などを解説していきます。

借り入れができない時はファクタリングで資金調達

掛け取引を行うビジネスでは複数の取引先との間に売掛債権が発生します。

将来の一定期日までは入金がなされないので、その間に運転資金が枯渇して資金ショートによりビジネスが破綻してしまった事例は多く見聞きしますね。

「債権」というのは財産的価値を持つものですから、第三者に売却することができ、これによって現金を手元に用意することができます。

つまりファクタリングは債権の譲渡取引にあたり、借り入れとは全く異なります。

借り入れは借金ですから返済義務が生じますが、ファクタリングは債権を売るだけですから返済義務は生じません。

また融資のように時間のかかる審査が必要ないので、即日~数日以内に現金化が可能です。

銀行から「新たな融資は難しい」「別の担保か保証人が必要」などと言われて借り入れができなくても、ファクタリングという資金調達手段があることを知っていればいざという時に役立ちます。

ファクタリングは国も認める資金調達法

ファクタリングは国も認める資金調達法事業を行う上で運転資金の確保は避けて通れない課題です。

そして多くの場合、経営者が融資の際の保証人になることを実質的に強制され、安心して事業を行うことが難しいのが実情です。

そのため国は融資への依存度を下げ、売掛債権などの流動資産をうまく活用してビジネスに必要な資金確保がしやすくなるようにかじ取りを行っています。

経済産業省が旗振り役を担っていますが、国がファクタリングの重要性を意識していることから、今後の国内ビジネスの資金調達手段として重要な役割を担っていくことが予想されます。

必ず法人向けファクタリングを提供する業者を選びましょう

必ず法人向けファクタリングを提供する業者を選びましょう国も認めるファクタリングですが、このサービスを提供するのは売掛債権を買い取る民間のファクタリング業者です。

貸金業のように登録制にはなっていないため、中には質の良くない業者の存在も確認されています。

これについて詳しくは次の項で解説しますが、ファクタリングを利用する場合は必ず法人向けのファクタリングサービスを手掛けている老舗の業者に相談するようにしましょう。

法人向けファクタリングを手掛ける業者の多くが、個人事業主やフリーランスの方にも門戸を開いているので、条件が合えば利用することができます。

資金回収が望める売掛債権があれば良いわけですので、利用者が法人であっても個人であってもそれほど違いはありません。

注意してもらいたいのが、法人向けではないファクタリング、あるいは現金化などをうたう業者です。

注意すべき業者について次の項で見ていきます。

不良業者が提供する類似のサービスに注意

不良業者が提供する類似のサービスに注意世の中には正規の法人向けファクタリングと混同しやすいサービスも存在します。

こちらは闇金など悪質な事業者が多く混じった業界となっているため、利用してしまうと大きな損害を被る危険があります。

例えば以下のようなサービスは資金調達手段としては利用に適さないので、手を出さないようにしてください。

①給料ファクタリング

法人向けのビジネスファクタリングを個人向けに応用したものです。

給料をもらう権利を売掛債権と同視して、給料債権の買い取りをうたいます。

給料ファクタリング業者の一部は個人事業主やフリーランスの売掛債権買取に対応しているので、取引をしようと思えばできてしまいます。

個人の給料債権を買い取るとうたう業者は、法人向けファクタリングを行う業態とは全く別物ですから注意してください。

給料ファクタリングは金融庁がすでに闇金認定をしているので、もし利用してしまった場合は弁護士などに相談すれば裁判等で被害を取り戻せる可能性があります。

②後払い(ツケ払い)現金化

こちらは今のところ明確な違法性を確認されているわけではありませんが、個人事業者やフリーランスの方の資金調達には適さないものです。

売掛債権うんぬん関係なく、完全な個人の現金需要に応じる業態で事業資金の調達を目的にするものではありません。

概ね以下のような仕組みで現金を手にすることができるとうたわれることが多いので、この形態である場合は手を出さないようにしてください。

①商品転売式

個人情報を提出させたうえで審査を行い、信用があると見込めば後払いで様々な商品の売買をします。

その商品を転売することで利用者に買取金を交付しますが、多くの場合商品の転売はすべて業者の方で手配するので手間がないとうたいます。

②キャッシュバック式

市場価値のほとんどない商品を上記①のように後払いで購入させ、おまけとしていくらかの金を利用者にキャッシュバックします。

上記①と②は結局は後日に後払いの精算が必要で、手数料としてかなりの負担が生じる仕組みになっています。

手にしたお金を事業資金として利用することはできますが、損が非常に大きい取引となるだけでなく、個人情報を悪用されて被害が大きくなる危険があるので利用は避けなければいけません。

ただ厄介なことに、安心して利用できる法人向けファクタリングを手掛ける業者と、質の良くない類似のサービスを手掛ける業者の見分けは素人の方では難しいこともあります。

次の項ではこの見分け方をお教えします。

こんな業者は利用してはいけない!

こんな業者は利用してはいけない!以下では利用を避けるべき業者の代表的な特徴を挙げてみます。

①個人で運営している業者

公式サイトに法人としての運営元情報が確認できない場合は個人で運営していると見てほぼ間違いありません。

法人向けファクタリングを手掛ける業者は全て法人ですので、個人で運営している業者は取りあえず無視するようにしてください。

②SNSだけで活動している

運営元としての所在地を公表せず、ツイッターやフェイスブックなどのSNS上だけで活動している業者もほぼ100%質の良くない業者です。

法人向けファクタリング業者は必ず店舗を構え、公式サイトで正確な地番まで住所を公表しています。

③連絡先が090や050の番号

重要な取り引きを担う法人向けファクタリング業者が携帯電話やネット電話で事業を行うことは通常ありません。

こうした連絡先しか用意できないところは個人相手の給料ファクタリングや後払い現金化業者などです。

以上は確実に避けるべき業者の特徴ですが、実際には閲覧者が判断しにくい巧妙な説明に誘導されてしまうこともあります。

当サイトでは安全性の高い法人向けファクタリング業者を紹介しているので、こちらから探していけば悪質業者につかまることはありません。

優良業者をランキング形式で公表していますので、ぜひ参考になさってください。
事業者法人向けファクタリング会社優良ランキング

まとめ

まとめ本章では個人事業主やフリーランスの方の資金調達手段として法人向けファクタリングを紹介してきました。

借り入れができない時でも売掛債権があれば事業資金を調達できるので、資金ショートなどの危険がある時はぜひ有効に活用してもらいたい方法です。

その際には必ず法人向けファクタリングを手掛ける業者を利用するようにし、主に個人向けにサービス提供をしている給料ファクタリングや後払い現金化などには手を出さないように注意しましょう。

当サイトでは安心して利用できる法人向けファクタリングの優良業者を公開しています。
事業者法人向けファクタリング会社優良ランキング

借り入れと違い返済義務もありませんから、ピンチの際に活用してくださいね。

給料ファクタリングに代わる即日現金化サービスが続々と登場しています。「即日現金チョウタツの窓口」は利用者の幅も広く利用しやすいサービスの一つです。

即日現金チョウタツの窓口の公式サイトはこちら

line_bana_936×220