給料ファクタリング

給料ファクタリングは違法?悪徳ファクタリング会社に要注意

給料ファクタリングは違法?悪徳ファクタリング会社に要注意

お金がない時に限って消費者金融の審査に通過できなかったり、ブラックOKといっている消費者金融でも審査に通過できなかったり…何かと悪いことが続くものです。

それでは、給料ファクタリングという選択肢はどうでしょう?ここでは最近出てきた即日現金化の方法である、給料ファクタリングについてご紹介するとともに悪徳ファクタリング会社の特徴についても注意喚起の観点からご紹介していきます。

■給料ファクタリングは違法?

■給料ファクタリングは違法?

そもそも、給料ファクタリングは違法な現金化行為なのでしょうか?

いいえ、違います。給料ファクタリングはいってしまえば商取引の一つです。

あなたが会社からもらっている給料は給料債権といって、給料日が到来するまではあなたの債権なのです。その債権をファクタリング会社に売却することで、手数料を差し引いてお金を手にするのが給料ファクタリングという方法というわけです。つまり、違法でも何でもありません。

反対に、クレジットカードのショッピング枠を現金化して即日でお金を手にする方法は往々にして違法行為にあたる可能性があるので、注意が必要です。

どうせお金に困っていて即日現金化をするなら、このような違法行為に手を染めるのではなく、自分の給料から堂々と即日現金化をしてお金を手にしたいところです。

ファクタリングは世界的に認められた資金調達方法

給料ファクタリングは誰に迷惑をかけることもなく、即日で自由なお金を手にすることができる方法です。

日本ではあまり給料ファクタリングについて知られてはいませんが、海外ではファクタリングといえば資金調達の方法として広く知られており、昔から使われてきた方法でもあります。

つまり世界的に認められている資金調達の方法がファクタリングというわけです。そのファクタリングを給料所得者に向けて提供しているのが、給料ファクタリング会社というわけです。

■悪徳ファクタリング会社にご用心!

■悪徳ファクタリング会社にご用心!

給料ファクタリング会社はまだ日本国内でもそこまでポピュラーな存在ではありません。一般的に事業所得や、会社単位で申し込みを行うようなファクタリング会社は日本国内に非常に多く存在しますが、給料所得者向けの給料ファクタリング会社はそこまで多くないというのが現状です。

選択肢が狭くなれば狭くなるほど、そしてお金に困っていれば困っているほど判断力が鈍るもので、よほど切羽詰まっている時には悪徳ファクタリング会社に思わず申し込みをしてしまうこともあるでしょう。

残念ながら悪徳ファクタリング会社は日本国内にいくつか存在します。

■悪徳ファクタリング会社の特徴は?

■悪徳ファクタリング会社の特徴は?

悪徳ファクタリング会社にはいくつかの特徴があります。

まず一つ目の特徴として、 あまりにも給料ファクタリングの手数料が安すぎる場合は要注意です。

通常は給料ファクタリングを申し込むにあたって最低でも、10%以上の手数料が発生します。これはファクタリングというビジネスを考えた際、必要経費などを考慮に入れると当然の手数料率です。

しかし悪徳ファクタリング会社はそもそも手続きや取引、そして何よりも重要な給料債権の買取自体をスムーズに行わないという魂胆があるケースもあるため、客寄せの目的で手数料率を異常に高く設定していることがあります。

そのためほとんど100%に近い金額で給料ファクタリングが行える会社を見つけた場合には要注意といってよいでしょう。

反対に、ある程度しっかりと手数料が発生するようなファクタリング会社の方が結果的に安心してスムーズに取引を行うことができます。

続いて考えられる悪徳ファクタリング会社の特徴は、ボーナスや年金についてもファクタリング可能としているという点です。

実は意外なことですが、毎月会社からもらうことができる給料と、年に何度かもらえるボーナスは、その種別が大きく異なります。給料は給料債権という形で買取の処理が可能ですが、ボーナスは経理上厳密にいうと給料債権ではないため、これをファクタリングとして買い取ることはほとんどの場合NGとなっています。

これを無視してボーナスについても買取OKとうたい、法外な手数料をとって契約を進めようとする会社は要注意といわざるを得ません。

同様の理由で、年金をファクタリングすることができるという業者についても要注意です。ネットで検索すると「年金を担保にお金が借りられる」、という情報が出回っていることがありますが、これはあくまでも厚生労働省が案内している年「金担保貸付事業」を利用した場合に限ります。

年金やボーナスをファクタリングしている会社にも要注意

つまり、民間レベルで年金を担保にお金を貸したり、ファクタリングにかけるということは現在のところできませんのでご注意ください。

■給料ファクタリングの方法を徹底紹介

■給料ファクタリングの方法を徹底紹介

給料ファクタリングの申し込みは、正しい業者とお付き合いができれば非常にスムーズで簡単です。現金化ができることからお金の悩みが即日で、まるで雲のように散り、霧のように消えてしまうことでしょう。

まずは、ウェブサイトなどから給料ファクタリング会社を見つけ、申し込みフォームに必要な情報を記入して申し込みを行います。この時勤めている会社名などを記入する欄があれば正確に記入するようにしましょう。

ファクタリングについては信用が第一です。この時点で入力に不備があったり虚偽の申告があると給料ファクタリングの審査に通過できないケースもありますので、注意が必要です。

申し込みが完了すると折り返しメール、または電話で給料ファクタリング会社の担当者から連絡が入ります。早ければ即日で連絡が入りますので、追加の質問に答えたり手続きに関係するやり取りをそこで行いましょう。

必要な書類としては給料明細など給料が毎月入ってきていることを証明する書類や身分証明書類などが挙げられます。

その他給料ファクタリング会社によって必要書類が異なるケースもありますので都度確認するようにしましょう。

確認が完了次第、給料債権の審査が始まります。個人信用情報に関する審査はありませんのでご安心ください。審査が完了して買取が問題なく行えるとなると、手数料率の提示があり、そこに了承することで給料ファクタリング契約が成立します。ここまで早ければ数時間単位で完了します。

朝のうちに申し込みを行い、スムーズに連絡が取れればその日のうちに即日で給料債権を現金化できるケースもあります。

■まとめ

■まとめ

このように給料ファクタリングの行為そのものについては違法行為ではありません。ヤミ金などに手を染める前に給料ファクタリングで現金化や資金計画の立て直しを図りましょう。

また研究所ファクタリング会社の中には残念ながら悪徳ファクタリング会社も一定数存在しますので、今回ご紹介したような内容をもとに注意してファクタリング会社を選ぶようにしたいところです。

給料ファクタリングに代わる新たなファクタリングサービスも誕生しています。その、先駆けとなる「アトムの経費精算ファクタリング」も検討してみてはいかがでしょうか?
経費の建て替えが多い人へ【経費精算ファクタリングのアトム】