line_bana_936×220
専門家コラム

新たな給料ファクタリング業者が逮捕!「日本強運堂」の情報入手!

新たな給料ファクタリング業者が逮捕!「日本強運堂」の情報入手!

当サイトでは現金調達に役立つ情報だけでなく、悪質業者の情報も注意喚起として随時お伝えしています。

最近問題になっているのが旧給料ファクタリング系とみられる事業者の動向で、後払い現金化などに進出し利用者に高圧的な態度をとる事例などが報告されています。

本章では、かつて給料ファクタリングを手掛けていた「日本強運堂」の逮捕事案を速報でお伝えします。

「日本強運堂」がついに逮捕!

「日本強運堂」がついに逮捕!

逮捕されたのは給料ファクタリングを運営していた東京渋谷に拠点がある日本強運堂の代表、野中智昭容疑者と役員ら合わせて男女5人です。

逮捕した北海道警の発表によれば、去年2020年7月までに、北海道内の男女数人に給料ファクタリングと称して約163万円を貸し付け、違法な利息を得たとして貸金業法違反の疑いでの逮捕となっています。

給料ファクタリングはすでに闇金認定されており、貸金業登録も行っていないことから、警察も違法闇金として認定し逮捕に動いたと思われます。

日本強運堂は「検索連動型広告」を利用し、「借金」や「ブラック」などのワードで検索結果の上部に広告が表示されるようにして集客を図っていました。

誘導した同社のサイトでは保証人不要で即日の債権買い取りをうたい利用者に訴求していましたが、給料債権の買い取りは実体として金の貸付けであるとして金融庁に違法認定されています。

警察は今回の直接の被害者以外にも、全国1200人以上に合わせて1億円以上を貸し付けていた余罪があるとみて捜査しています。

「日本強運堂」ってどんな業者?

「日本強運堂」ってどんな業者?名前を聞いて「おや?」と思った人もいると思いますが、本業者はかつて「強運堂」の名称で給料ファクタリングをしていました。

その後名称を変えて引き続き給料ファクタリングを運営していたようで、両社は同一業者です。

給料ファクタリングの歴史上では、黎明期から業界が終焉を迎えるまでの間のちょうど中間の時期あたりに営業開始が確認されたと記憶しています。

数ある業者の中でも強運堂は対応が厳しいことで知られ、利用者の評判は良くありませんでした。

少しでも手数料の精算が遅れると自宅にまで取り立てにやってくるということで、闇金に近い存在として認知されていました。

そのため利用者が弁護士や警察に相談することが多くなり、今回の逮捕につながったと推測されます。

現状で確認できる範囲で、日本強運堂の口コミをまとめてみます

・3万円を調達して5万円で精算
・4万8千円を調達して7万5千円で精算
・急ぎなのに連絡が遅い
・在籍確認がゆるいのは良い
・支払いに遅れたら損害賠償請求裁判を起こされた
・自宅に取り立てが来てビビった
・否決され、情報抜きのような気がする
・警察に被害届を出して受理された。業者から連絡があればすぐ警察に連絡して欲しいと言われた
・業者から債権放棄通知書が届いた。
・警察は被害者数が多ければ動きやすいので被害があれば通報して欲しいと言われた
・業者の口座は凍結されて使えない
・被害届受理されて今日事情を聴かれる予定

良い口コミよりも否定的な意見の方が多く、当初から注意が必要な業者だったことがうかがわれます。

本件逮捕事案の経緯

本件逮捕事案の経緯実はこの業者に対しては去年の春に警察のガサ入れがあり、証拠品の押収が行われていました。

他の給料ファクタリング業者の摘発が相次ぐ中で同業者も警察にマークされ、捜査対象に挙げられていたようです。

また日本強運堂の組織に関しては、法人向けのファクタリング業者が運営実務に関わっていた可能性も示唆されています。

元々ファクタリングは法人間ビジネスにおいて発生する売掛金を買い取る仕組みですから、ノウハウがあれば個人向けに転用することは難しくありません。

現在警察は旧給料ファクタリング業者の摘発に力を入れているようで、逮捕事案の情報が飛び込んでくるスパンが以前よりも短くなっている実感があります。

過去に給料ファクタリングを運営していて利用者からの評判が悪かった事業者については、今後も警察による逮捕、摘発がなされる可能性が高いと思われます。

被害者が多いほど警察も動きやすいことから、評判の悪さに加えて運営歴が長い業者の方が名前が上がりやすいでしょう。

今後も旧給料ファクタリング勢力の動向には注視していく必要がありそうですね。

まとめ

まとめ (2)本章では給料ファクタリング業者「日本強運堂」の代表と役員が逮捕されたというニュースをお伝えしました。

現金調達サービスが乱立する中で、検索連動型広告を駆使するなど攻めの姿勢で運営していましたが、結局は強硬な運営姿勢から被害者を増やし、警察に逮捕されてしまいました。

元から評判が悪かったので自業自得とも言えますが、旧給料ファクタリング系の勢力はまだ完全に息絶えたわけではありません。

今後も逮捕・摘発事案が発生すれば当サイトで詳細をお伝えしていきますので、お見逃しのないようにしてくださいね。

line_bana_936×220