line_bana_936×220
給料ファクタリング

【速報!】給料ファクタリング会社「七福神」ヤミ金融で逮捕!

速報!給料ファクタリング会社「七福神」ヤミ金融で逮捕!

昨年2020年は給料ファクタリングが一気に衰退し一時代の終焉を迎えた年でした。

給料ファクタリング創成期に活躍したのが「七福神で、多くの人が利用していたと思われます。

今般その代表者が逮捕される事態となりましたので、今回はこの事件の背景や詳細をお伝えします。

七福神代表「足立慎吾」氏が逮捕される!

七福神代表「足立慎吾」氏が逮捕される!七福神の代表は足立慎吾という人物で、公式サイトの代表者挨拶ではキリっとした印象でやり手ビジネスマンの印象でしたが、彼がとうとう逮捕されてしまいました。

報道によれば、逮捕容疑は出資法違反で足立氏本人と都内の会社役員の6人、合わせて7人が警視庁生活経済課によって逮捕されています。

同課によると、2018年6月~20年5月までの間に全国約9万7000人に約50億円を貸し付け、約13億5000万円の利息を違法に得たとされています。

七福神としては貸付ではないので金利は得ていないと考えるわけですが、金融庁の見解により金銭の貸付けとみなされることから、手数料などの儲けを金利とみなし、違法な高金利で利益を得たとして逮捕されるに至りました

捜査当局の調べの中では、コロナ禍で収入が減ったため手を出してしまったと話す人もいるようです。

現状で、逮捕された7人のうち代表の足立氏は容疑を認めているようですが、他の6人は否認しています。

口座を凍結され現金書留も利用していた

口座を凍結され現金書留も利用していた金融庁による違法認定を受けた後、七福神が運営上使用する金融機関の口座は次々と凍結されていきました。

口座凍結は闇金を相手にした時に弁護士や警察、金融機関などが連携して取る対抗策の一つです。

七福神の複数口座も次々と凍結されていきますが、客に交付した資金の回収ができないと大損です。

そのため、口座が使えなくなった昨年の4月頃からは、現金書留を使って手数料の精算をさせていたようです。

また当サイトの調べによりますと、七福神の代表として活動していた足立氏が実は単なる名義人で、裏には資金を豊富に持つ金持ちのオーナーが複数いたという情報もあります。

もしこれらの人物が実質的なオーナーであるとすれば、捜査機関が事情聴取をしたり、逮捕するということになる可能性もあるでしょう。

そして給料ファクタリングの経営ができなくなった今、金融実務を知る七福神の主要メンバーが新たな現金化サービスを立ち上げているという噂もあります。

個人向けの現金化サービスは手法が異なるいくつかのタイプがありますが、給料ファクタリングの没落後かなりの勢いで多数の業者が参入しています。

逮捕を免れたスタッフの何人かが、こうした新しい現金化サービスに着手するのは当然と言えば当然かもしれません。

例えば後払い現金化などは、現状では違法性がないとされているので手を出しても即逮捕ということにはならないでしょう。

当時のメンバーの動向は注目すべき点ですので、当サイトでも引き続き情報収集を行っていきます。

他にもう一つ注目すべき点が七福神の当時の顧問弁護士についてです。

七福神の顧問弁護士はファクタリングに精通している

七福神の顧問弁護士はファクタリングに精通している七福神は当時顧問弁護士として「村上 貴洋」氏を採用していました。

村上弁護士は現在、法人向けの事業者ファクタリングを手掛ける最大手「PMG」の顧問弁護士も務めています。

金融事案に詳しい専門家として七福神も村上弁護士を採用したのだと思いますが、もし彼が七福神の弁護を今後務めることになる場合、その見解に注目したいところです。

事業者ファクタリングを生業とする業界は、元々給料ファクタリングの違法性を金融庁に問い、破滅に追い込んだ業界ですから、こちらの肩を持つ弁護士が給料ファクタリングを弁護できるのかという疑問もあります。

ただ村上氏は所属先の法律事務所が変わっているので、七福神問題からは手を引いた可能性もあります。

七福神で顧問弁護士を務めていた当時、村上弁護士は「さくら共同法律事務所」に所属していたはずです。

村上弁護士はその後所属先を変え、現在はファーマ法律事務所に所属しています。

現在PMGの公式サイトには顧問弁護士「ファーマ法律事務所 村上 貴洋」として掲載されています。

仮に七福神問題で村上弁護士が関与してくるようであれば、どのような見解を示すのか注目したいところですね。

まとめ

まとめこの回では、かつて給料ファクタリングの創成期を支えた七福神の代表者が闇金で捕まったというニュースを取り上げて、その詳細や過去の経緯などを改めて考察してみました。

金融庁による違法認定の後も、資金の回収などで一部の活動をしていたことや、名前が知れていて警察のターゲットになりやすいということも手伝って、とうとう代表者が逮捕されるという事態に至りました。

小回りの利く業者はうまく雲隠れして逮捕を免れたところもあると思いますが、七福神は人気ゆえに被害額も大きく、そのため今回の逮捕につながったものと思われます。

代表の足立氏の容疑が今後どう追及されていくのかも気になりますので、当サイトでは引き続き詳細を追い、進展が見られ次第続報をお届けしていきます。

当サイトでは安心して利用できる即日現金化ができる優良業者を公開しています。
即日現金化ができる優良業者ランキング

給料ファクタリングに代わる即日現金化サービスが続々と登場しています。「あしすとPAY」は利用者の幅も広く利用しやすいサービスの一つです。
あしすとPAYの公式HPはコチラ
line_bana_936×220