ファクタリング会社

円楽(きらく)|口コミや評判をまとめて解説

円楽(きらく)|口コミや評判をまとめて解説

今回取り上げて見ていく給料ファクタリング業者は「円楽(きらく)」です。

漢字の読み方が一般の認識と違うので戸惑う方もいるかもしれませんが、ここでは以後の表記を「円楽」で統一して進めます。

利用条件運営元の情報安全性や口コミ評判などをまとめて見ていきますから、ぜひ参考になさってください。

円楽

■円楽の利用条件は?

■円楽の利用条件は?

最初に、円楽を利用する場合の主な条件を確認します。

手数料 10%~
ファクタリングの種類 主に二者間取引
入金のスピード 最短即日
利用者の条件 勤めていれば可。パート・アルバイト・金融ブラックOK
必要書類 ・顔写真付の身分証明書
・社会保険証または国民健康保険証
・直近3ヶ月分の給料明細または給料の振込みが確認できる通帳のページ
・直近2ヶ月分の取引履歴がわかる口座履歴
対応エリア 全国
定休日 公式記載なし
営業時間 10:00~20:00(受け付けは9:30~)

手数料は公式HPに10%~の記載がありますが、口コミ等を確認すると30%程度のケースが確認されました。

一応、二者間取引における相場内ですので、今のところは他社と比べて手数料がとても高額な業者という印象はありません。

実際の手数料は個別ケースでかなり変動しますので、利用される場合は都度確認するようにしてください。

ファクタリングの種類については「秘密厳守」の表記が確認できることから主には二者間取引特別要請があれば三者間取引も相談可能と推測します。

必要書類については、直近二か月分の取引履歴が分かる通帳ページが必須となっているので、多少の手間を感じます。

他社取引を確認するためと思われますが、利用するのであれば甘受するしかありません。

働き始めで給料明細や通帳3ヶ月分を用意できない場合は別途相談に乗ってくれます。

また公共料金の領収書など追加書類があれば審査が有利になるので、可能であれば用意しましょう。

定休日は公式サイトで確認できず、営業時間だけが載っています。

時間的には割と遅くまでやっているので、仕事が終わった後などに相談しやすいかもしれません。

■円楽の運営元は?

■円楽の運営元は?

次に円楽の運営元について見ていきます。

運営会社 株式会社CCF
代表者 三井梨夏子
所在地 〒103-0023
東京都中央区日本橋本町1-9-8
電話番号 0120-747-091 予備番号050-5375-3930
資本金 6300万(資本準備金含む)

円楽の運営元は株式会社CCFという会社で、インターネット関連事業の企画、研究、開発、設計などを手掛けている企業です。

取引先から依頼を受けて受託生産したり、機密性の高い案件では相手方の施設内に作業チームを派遣するなど、しっかりとした主力事業を別に持っています

信頼が必要なビジネスを手がけていることから、給料ファクタリングだけで生計を立てる零細企業が母体となっているところよりも、利用者としては安心できます。

株式会社形態で資本金の土台もしっかりしているようですので、責任元企業としては特段の問題はないようです。

フリーダイヤルが込み合って通じない時には予備の電話番号も用意されているので、こちらを利用することもできます。

■円楽を利用するメリットは?

■円楽を利用するメリットは?

ここでは、給料ファクタリングとして円楽を利用する場合のメリットを見てみます。

①LINE相談可能

LINEによる相談体制が作られているので、LINE利用者はスムーズな問い合わせができます

②LINEPAY決済でキャンペーンあり

3月末まで、LINEPAY決済の利用者は手数料が無料になるキャンペーンが実施されています。

ただし給料ファクタリング取引における手数料が無料になるということではなく、LINEPAYの利用にかかる手数料分が無料になるという意味でしょうから、勘違いのないようにしましょう。

③夜間帯の相談がしやすい

営業時間が夕方までの業者も多い中で、円楽は夜8時まで営業しているのでお勤めの方はコンタクトを取りやすくなります。

メールは24時間受け付けていますが、直接口頭で確認したいという場合は仕事終わりに電話で聞くことができます。

④電子契約書を採用

円楽は契約面で電子契約書を利用できるので、書面のプリントアウトやPDF化などの手間が要りません。

■円楽の口コミや評判

■円楽の口コミや評判

ここでは、ネット上で確認できる円楽の口コミや評判について見ていきます。

・手数料は30%くらいだった
・初回取引では買取金額3万円くらい
・LINEで必要書類を提出して、同じLINE経由で申し込み可能
・LINEで在籍確認担当者の電話番号が示されるので、電話して在籍確認について相談できる
・在籍確認後に電子契約書に署名して振り込みを受けた
・電話でのヒアリングはなかった
・午後2時に申し込んで当日に入金された
・給料手渡しなので通帳履歴がなかったが大丈夫だった
・他社利用が数件あったが利用できた
・緊急連絡先を適当に書いたせいか、契約書を送ってから契約を断られた
・契約書が面倒
・緊急連絡先が二件分必要で、確認の電話をされる
・口座履歴の確認が面倒
・対応が遅い
・振り込みも遅い

円楽は当日入金を受けられた実績がありますが、一部では印象の良くない口コミも確認できます

報告を見る限りでは、契約書に署名する時点で緊急連絡先を二件分提出しなければならないようです。

そしてその先に実際に電話をして確認しているふしがあるので、ここが利用のハードルを上げることになるでしょう。

他社では緊急連絡先を聴取しても、手数料精算の振り込みに遅れるなどの事情がなければ連絡はいかないことが多いです。

信用確認の手段として緊急連絡先に荷電されるとなると、利用者側としては躊躇してしまいますね。

また通帳履歴の確認も必須なことから、手間の面での負担も不評の一因になっています。

■円楽の安全性評価

■円楽の安全性評価

円楽の安全性については、公式HPの内容が多少薄く感じられるものの、今のところ利用者が威圧されるような対応が確認されているわけではありませんし、暴利の手数料を強いているわけでもないので、積極的な危険性を感じる要素はありません

聴取した緊急連絡先に確認の電話を入れられることは、信用担保のための行動であると考えられ、悪質業者がやるような利用者を困らせて脅してやろうといったような意図ではないようです。

この点は、安全性というよりも利用勝手が悪いと捉えるのが妥当ではないでしょうか。

運営元も闇金くずれなどの悪質業者ではないので、積極的な危険性がある事業者ではないと考えられます。

もし今後、例えば緊急連絡先に荷電して不安を与えるような言動をするようなことがあれば、ネット上に報告されることになるでしょうから、安全性評価が修正されることになります。

■円楽の申し込み方法・手順

■円楽の申し込み方法・手順

円楽の申し込みは電話フォームLINEから行うことができます。

必要書類を提出し審査を受けると並行して、基本的には在籍確認も受ける必要があります

上記をクリアできれば電子契約書が送られてくるので、緊急連絡先を記載した上で署名し、返送します。

契約書を事務局で確認し問題なければ速やかに振り込みがなされますが、確認の際に緊急連絡先に荷電される可能性が報告されているので、適当な番号を記入すると契約不可になることもあります。

緊急連絡先は実際に使える番号を記載するようにしてください。

■まとめ

■まとめ

本章では新しく確認できた給料ファクタリング業者「円楽(きらく)」について利用条件や運営元、安全性や口コミなどを見てきました。

全体として、危険性はないものの資料の準備と契約場面でひと手間多くかかること、緊急連絡先に荷電される恐れがあるということで、この点がハードルになるかと思われます。

利用を検討する場合は上記を認識したうえで、担当者に詳細を確認するようにしてください。

給料ファクタリングに代わる新たなファクタリングサービスも誕生しています。その、先駆けとなる「アトムの経費精算ファクタリング」も検討してみてはいかがでしょうか?

経費の建て替えが多い人へ【経費精算ファクタリングのアトム】