ファクタリング会社

ファクタルの給料ファクタリング|口コミや評判をまとめて解説

ファクタルの給料ファクタリング  口コミや評判をまとめて解説

個人向けの給料ファクタリング業界はマーケットとして広がりを見せており、多くの業者が続々と参入しています。

ただ事業者の優良性を考えると玉石混交といった状態ですので、給料ファクタリングの利用を考えている人は各社の信頼性や安全性などを十分に考慮する必要があります

当サイトは給料ファクタリングに特化して皆さんに有益な情報をお伝えしていますが、本章では優良事業者としてお勧めできる「ファクタル」について、手数料などの利用条件の他、口コミや評判なども合わせて紹介していきます。

安心して利用できる給料ファクタリング事業者をお探しの方は、ぜひ参考になさってください
給料ファクタリングのファクタルのホームページトップ画像

ファクタルの利用条件は?

ファクタルの利用条件は?

まずはファクタルを利用する場合の主要な条件を確認しましょう。

手数料 10%~
ファクタリングの種類 二者間契約
給料債権の買取率 90%~
入金のスピード 13時までの申し込みで即日可
利用者の条件 社保加入者ならOK(パートやアルバイトも可)
必要書類 ・顔写真つきの身分証明書
・保険証
・直近二か月分の給料明細または給料の振り込みが確認できる通帳のページ
※ネットバンクはスクリーンショット可
※公共料金の明細があれば有利
対応エリア  全国
定休日 土日祝日
営業時間 9:00~17:00

ファクタルは全国対応ですので、所在地に関わらず利用できます

今のところ二者間契約による利用となるので、勤め先に知られる心配はいりません

二者間ファクタリングの手数料相場は10%~30%程度とされていますので、アナウンスされている数字は妥当性があるといえます。

実際の手数料は個別ケースで変動しますので問い合わせが必要です。

債権の買取率については掛け目なしの想定で手数料を除く90%~となります。

条件が整えば即日入金も可能なので、急ぎのケースにもお勧めできます。

給料ファクタリングはその名前から給与者だけが対象となるのが原則ですが、社会保険加入者であればOKとのアナウンスがあることと、申し込みの際の社保の分類に「国民保険」(国民健康保険のことと思われます)とあるので、自営業者でも条件によっては利用可能と思われます。

ファクタルの運営元は?

ファクタリングを利用する場合、サービスを提供する事業者の素性を確認することも大切です。

ファクタルの運営元企業について以下でまとめます。

名称 リブノース合同会社 ファクタル(Factal)
代表者 北川 一寿
住所 熊本市東区御領8丁目8-10
メールアドレス info@factal.jp
電話番号 0120-518-900
営業時間 9:00~17:00(土日祝休み)
ドメインの取得日 factal.jp : 2019年05月23日

運営元は合同会社の形態をとっているので、株式会社と比べると一般的には多少信頼性で劣ると解釈されることがありますが、個人でファクタリングを利用する場合はまず問題ありません。

というのも、合同会社の信頼性が問題になるのは、取引上生じた債権の回収が不能になる可能性がある場合です。

社員全員が有限責任となるので、いざという時に責任の追及がしにくいのが理由です。

しかしこの点は給料ファクタリングの利用者にとってはまず問題になりません。

給料ファクタリングは取引の第一手で利用者がリブノース側からお金の交付を受けるわけですから、「債権を回収できなくなる」というリスクは存在しないからです。

給料ファクタリングの場合、運営元の会社の規模自体はそれほど気にする必要はありません

給料ファクタリングの基本的な仕組みと借り入れとの違い

給料ファクタリングの基本的な仕組みと借り入れとの違い

ここで、利用者となる方の為に給料ファクタリングとはどういうものかを押さえます。

混同しがちな借り入れや融資との違いについても、しっかりと押さえてください。

借り入れや融資は「借金」であり、法律上は「金銭消費貸借契約」の部類になります。

借金をすると当然「弁済の義務」が生じ、利息を付けて期日までに返済しなければなりません。

一方給料ファクタリングは借金とは全く違います。

法律上は「債権の譲渡」にあたり、売買取引の部類になります。

債権というと難しいですが、財産的価値のある権利を指し、給料ファクタリングでは「将来の給料日にお給料を頂く権利」がこれにあたります。

本来であれば、例えば月末にならなければお給料が入らないところ、どうしてもお金が必要になった時には給料債権を売ることで当面必要な現金を手にすることができます。

ただし、給料ファクタリング事業者の儲けとなる手数料の支払いが必要になるので、本来のお給料の満額よりは値引きされることになります。

例えばブランド物の腕時計をリサイクルショップに売る時には、購入した時よりも安く買われてしまいます。

物品は劣化という要素も存在しますが、店側も転売して利益を出さないといけないので安く買わなければならないのです。

イメージ的には給料ファクタリングも同じで、手数料として幾らか値引きされた上で給料債権を手放すことになります。

給料日には自分の口座にお給料が振り込まれるので、その時に手数料の精算を行うことになります。

ファクタルを利用するメリットは?

ファクタルを利用するメリットは?

では給料ファクタリングとしてファクタルを利用することのメリットを見てみましょう。

①勤め先に知られない

ファクタルの給料ファクタリングは二者間で進めるタイプの取引です。

あなたとファクタルの間で給料債権の譲渡を行うだけですので、勤め先は取引関係に入ってきません。

当然勤め先の承諾も必要ないので、会社や上司に知られることなく給料債権の譲渡が可能です。

②本人の属性審査が無い

借り入れや融資では必ず利用者本人の属性審査が行われます。

借りたお金をしっかり返せるのかという点を審査されるわけですが、給料ファクタリングで重要なのは買い取った給料債権の有効性です。

ファクタリング業者は債権の相手先、つまりあなたの勤め先の信用を重視することになるので、利用者本人については問題になりません。

そのため自己破産者や債務整理をした人など、金融ブラックの状態でも給料ファクタリングの利用は可能です。

③カードが使えない人もOK

本人の属性が問題にならないので、カードが使えないような人でも利用できます。

あるいは個人的な信念でカードを持ちたくないという人でも現金の調達ができます。

④信用情報機関に登録されない

借り入れや融資は取引状況が信用情報機関に登録され、万が一返済を焦げ付かせた時はブラック情報が登録されてしまいます。

給料ファクタリングは融資ではないので、信用情報機関に登録されるようなことはありません。

ですから例えば将来の住宅ローンを利用する際などにも、信用情報がネックになるような心配は全く不要です。

ファクタルの安全性評価

ファクタルは公式HPでもしっかりとファクタリング取引について説明をしており、閲覧者が混同を生じるような説明や表記を行っていません。

一部の給料ファクタリング業者は、借り入れと混同してしまうような説明があるサイトを運営している所があったり、ファクタリング業者としての適格性に問題があるような事業者もいますが、ファクタルはそうした心配はありません。

一部の悪徳業者は、ファクタリングの名の元に実際は貸し付けと同様の扱いで利用者に弁済を迫るなどの業者もいるようですが、ファクタルはそのような心配は無用です。

後述する口コミや評判を確認しても悪質な事業者であるような講評は確認できないので、市場の実態的な印象としても安全性に問題はありません。

ファクタルの口コミや評判

ファクタルの口コミや評判

ここではネット上で確認できるファクタルの口コミや評判をまとめてみます。

〇〇の業者は脅しのような対応の上、申し込みに必要な資料をレターパックで送らなければならないなど手間もかかったが、ファクタルそのようなことはなく、はかなりスムーズに取引ができた。

自分のケースではファクタルは買い取ってくれる金額が多少少ないように感じたけど、取引はスムーズだった。

ファクタルは審査が緩かった。他社の利用状況などは聞かれなかった。在籍確認ができれば通しているのではないか。

ファクタルは在席確認が取れなくても通しているようだ。

カードが使えない債務超過状態だったがファクタルは利用できた。28万円分の給料債権を24万円で買い取ってもらった。申し込みは簡単で対応もスムーズだった。

自分はアルバイトだがファクタルは利用できた。勤め先にもバレなかったが、入金は申し込みから二日後だった。

以上の口コミを見ると、概ねファクタルの印象は市場で好評のようです。

在席確認が必要との声もあるので、ケースによっては勤め先に在籍確認の電話が入る可能性があります。

ただ在籍確認は本人が実際に勤めているかどうかの確認に過ぎませんから、会社にばれないように工夫されるので心配いりません。

ファクタルの名前を出さずに、匿名や偽名で電話をかけて本人に取り次いでもらい、適当に話題を扱って電話を切るだけです。

申し込みの資料等から取り引きの安全性が高いと判断されれば在籍確認はされないこともあるので、個別ケースでどうなるか確認してください。

ファクタルの申し込み方法・手順

ファクタルの申し込み方法・手順

ファクタルはフリーダイヤルの電話もしくは公式サイトのフォームから申し込みを行うことができます。

①初回の接触方法

フォームから接触する際には氏名や住所、生年月日などの基本情報の他、勤め先の情報、保険証の種類などの情報を入力して送信します。

ファクタル側が受理すると、申し込みに必要な資料を送付するように指示が来ます。

②申し込みと審査

指示された資料を郵送もしくはメールに添付する形で、ファクタルに送付してください。

必要書類は最初の項でお伝えしていますが、ケースによっては追加の資料を求められる可能性もあります。

例えば身分証と実際の住所が異なる場合、必須書類として公共料金の請求書等の添付が必要になります。

急ぎのケースで即日入金を希望する場合は、審査の申し込みを13時までに行えるように手配が必要です。

審査に通れば次に契約に進みます。

③契約と入金

ファクタルはネット経由でPDFによる契約方法を採用しています。

PDFで送られてくる契約書にサインし、これをメールで送付します。

郵送でも可能ではありますが、時間がかかるのでメールでの手配がおススメです。

契約の締結をファクタル側で確認すれば、入金の手配が行われます。

利用者側で指示した口座に入金がなされるので、確認してください。

④精算

あなたへのお給料は給料日に普通に口座に入金されますから、これを原資にしてファクタルに入金し、手数料の精算を行います。

まとめ

まとめ

この回では給料ファクタリングを行う事業者のうち、優良事業者として推薦できる「ファクタル」を取り上げて、利用条件や運営元の情報、安全性や口コミ・評判、手続きの方法などを見てきました。

市場における印象も悪評はなく、概ね好評を得ており実体としての安全性は確認できているといっていいでしょう。

運営元も合同会社ではありますが、給料ファクタリングでは会社の規模自体は特に気にする必要はないので、事業者としての問題もありません

利用条件の面でも手数料は適正で利用者に制限はなく、全国から利用できるので利便性も高いです。

給料ファクタリングに代わる新たなファクタリングサービスも誕生しています。その、先駆けとなる「アトムの経費精算ファクタリング」も検討してみてはいかがでしょうか?

経費の建て替えが多い人へ【経費精算ファクタリングのアトム】