給料ファクタリング

給料日まで金欠!金融ブラックでも即日現金化が可能な新サービスとは?

給料日まで金欠!金融ブラックでも即日現金化が可能な新サービスとは?

毎月給料日前に金欠になることなく、お給料が入ってきたら少しでも貯蓄に回す

このような生活ができれば理想ですが、なかなかそうもいかないのが現実です。給料日まで金欠になってしまい今現在ピンチだ!という方もいらっしゃるでしょう。

そのうえ個人信用情報はボロボロ、携帯の新規契約もできないほどで、手持ち資金もほとんどない。そんな時に即日現金化を求めるなら、どんな方法があるでしょうか?

そこでここでは、給料日まで金欠になってしまいお金がない時にできる資金調達方法をご紹介します。

実はブラックでも借りられる融資はそこまで多くありませんが、融資に代わる方法ですぐにお金を手にすることができます。それが給料ファクタリングです。ここでは給料ファクタリングの方法についてご紹介します。

給料日まで金欠!お金がない時はどうする?

給料日まで金欠!お金がない時はどうする?

毎月25日が給料日という方は、おおよそ15日過ぎくらいから徐々に金欠になるケースもあるのではないでしょうか。そして、そんな時に限って突発的に友達の結婚式が入ったり、急な病気で医療費がかかってしまったりでお金がどんどん飛んでいく…というのはよくある話。そんな時、ピンチを乗り切る方法をなんとか「あみ出す」必要がありますよね。給料日までお金がない時には、どのような対策が取れるでしょうか?

断捨離する

断捨離する

ひとまず一番確実に取れる方法として、断捨離をするという方法があります。自分の家を見渡してみて、すぐに使わないものはリサイクルショップなりフリマアプリなどで売却してしまいましょう。どうしても手放したくないものについては質屋さんに持っていくという方法もあります。

※質屋:品物を担保にお金を借りる方法。期限までにお金をきちんと返せば品物は手元に戻ってくるので人気の資金調達方法の一つ

ただしこの方法は希望するだけのお金が手に入るかどうか不確実というデメリットがあります。購入時には何十万円もした高級ブランドバッグでも、リサイクルショップに持ち込んだ結果数万円にしかならなかったというケースもあり、質屋さんでもそこまで多額のお金を借りることができないケースも往々にしてありますので注意が必要です。

また、初めての金欠ピンチではない場合は断捨離をして自宅に売却できるような品物がないケースもありますので、そういった場合には他の方法をとらなければなりません。

お金を借りる

お金を借りる

友人や知人、その他家族などからなんとかお金を必要な分だけ借りてくるという方法もあります。多くの場合は、給料日までと期間を設定することで快く貸してもらえるのではないでしょうか。しかし、過去に一度でもお金の貸し借りでトラブルを起こしていたりするとなかなかうまくいかないこともあります。

また、遠方に住んでいる祖父母などにお金を借りようとすると最近は色々な事情で高齢者の電話に関する注意喚起が出回っていることから、本人だとそもそも電話口で信じてもらえない可能性もあります。

特に今すぐお金を借りたい場合は、この友人や知人などを頼る方法はほとんど使えないといって良いでしょう。相手も頼まれてからお金を用意するまでに何かと時間がかかりますので、即日の資金調達方法とはいえません。

ちなみにカードローンやキャッシングなどでお金を借りる方法もありますが、こちらも個人信用情報がブラックだとお金を借りることはできません。仮にカードローンなどで契約できたとしても、やり方によっては自宅宛にローン関係の郵送物が届いてしまい「家族バレ」という大惨事になることもあります。

支払いを待ってもらう

支払いを待ってもらう

究極の方法が、支払いを待ってもらうという方法です。様々な所に連絡を入れて一軒ずつ事情を説明し、きちんと支払いができるタイミングを伝えた上で支払いを猶予してもらうという方法になります。

ただしこの方法はあまりお勧めしません。なぜならあまりにも時間がかかりますし、信用も失います。そしてそもそも、精神的に疲れきってしまいますので最終手段としておきましょう。

金欠の時は即日現金化を使おう

金欠の時は即日現金化を使おう

お金がない、でもお金が必要な支払期日が迫っている、そんな時には即日現金化の方法を考えなくてはなりません。即日で何かをお金に変える、という方法にはいくつかありますが、とにかく金欠の時には支払いを延ばすことを考えたりするよりもお金を用意してしまった方が精神衛生上も安定するものです。

眠れない夜を過ごすよりも、お金を即日現金化して安心して眠りにつきたいもの。

ここでは即日現金化の方法をいくつか考えてみましょう。

即日現金化の方法はどんなものがある?

即日現金化をする方法にはいくつかありますが、まず一番考えつきやすいのはクレジットカード現金化ではないでしょうか。

クレジットカード現金化の中でも実は違法性の高いものと違法性の低いものがあります。一般的に違法性が高く、やってはいけないとされているのがクレジットカードショッピング枠の現金化(S枠現金化)です。これは明確にクレジットカード会社各社の規約に反する行為でもありますし、場合によっては法律に抵触するケースもあります。

その一方で、違法性がないのがクレジットカードのキャッシング枠、つまりC枠の現金化という行為です。これはそもそもクレジットカードに最初からキャッシング枠がついているだけなので、安心して使うことができます。

クレジットカードの利用可能額の中にキャッシング枠の記載があれば、今すぐにでも現金化することが可能です。今すぐにコンビニなど、提携金融機関のATMに走りましょう。

その他にも手持ちのグッズをリサイクルショップやフリマアプリなどで売却する方法がありますが、これらは即日というタイムリミットがあることを考えるとあまり現実的ではありません。フリマアプリを使った場合は実際にお金が手元に届くまで半月程度の時間がかかるケースもあります。これでは意味がありません。

カレンダー

そこで最終手段として残されるのが、カードローン会社やキャッシング会社への新規の申し込みというわけです。カードローンの即日審査や即日融資が可能なケースも最近は増えてきているので、審査にさえ通過すれば4時間から5時間程度でお金を手にすることができるケースもあります。

ブラックでも借りられる消費者金融の審査に落ちたら?

ブラックでも借りられる消費者金融の審査に落ちたら?

とはいうものの、ブラックでも借りられる!などと宣伝している消費者金融の審査に落ちてしまうと、もう打つ手がなくなってしまいます。

実は消費者金融も個人信用情報などをきちんと確認した上で融資の審査を行わなくてはならないという決まりがあるため、あまりにも連続して消費者金融に申し込みをしたり返済が滞っていることが明らかな場合は審査に通過できる可能性が極めて低くなります。

仮になんとか審査に通過できたとしても、借りられる金額としては希望額満額ではなく5万円から10万円程度の金額になることが予想されます。

融資に代わる即日現金化の方法はある?

融資に代わる即日現金化の方法はある?

そこで、ブラックでも借りられる融資に落ちた時には融資に代わる即日現金化の方法を探さなくてはなりません。

果たしてそんな都合のよい方法があるのでしょうか?

「あります」

これらの方法を実践しなくとも、もっと簡単にピンチを当日解消できる方法があります。

それが給料ファクタリングという方法です。ファクタリングというキーワードはなかなか日本で馴染みのない言葉ですが、これはいってしまえば「将来的に入ってくることが間違いないお金(債権)」を事前にファクタリング会社に買い取ってもらい、その場で買い取ってもらったお金を手にする、という方法になります。

融資に代わる即日現金化の方法はある?

つまり給料で考えると、次の給料日に入ってくる給料を「あなたが会社に対して保有している債権」として、その債権を売ることで給料の前借りのようなことが実現するというわけです。例えばあなたが10万円分の金券を持っていたとして、それを金券ショップで80~90%で買い取ってもらうとすると、ほとんどこのイメージと同じです。

給料は、毎月給料日に入ってくるという認識があることからあまり気づいている人はいませんが、給料は前の月に業務をした段階ですでに債権として確定しているものとなります。

単純に会社の資金サイクルの関係上、給料日まで入金を待っているという状況にほかならないため、ファクタリングに申し込むことも何ら問題はないのです。

申し込んだその日を給料日に!給料ファクタリングとは

申し込んだその日を給料日に!給料ファクタリングとは

給料ファクタリングは説明すると、申し込んだその日は給料日にすることができるようなサービスとなります。

ファクタリングは既に請求が確定している債権をファクタリング会社に売却することで、支払日の到来を待つことなく即日でお金をファクタリング会社から得ることができるという方法です。イメージ的には請求書を買い取ってもらうようなサービスとなります。

例えば、2ヶ月後の末日に支払ってもらう約束の業務報酬が100万円ある場合、手数料を10%程度差し引いて90万円を即日入金してもらうことができるのがファクタリングというサービスです。

入金があり喜ぶ男性

このように一般的なファクタリングという資金調達方法は自営業者や会社の経営者に知られている方法ですが、これを個人向けにカスタマイズしたのが給料ファクタリングという業態になります。

つまり給料が毎月30万円入ってきている場合は、手数料を差し引いて24万円から27万円程度のお金を給料日が来る前に入金してもらうことができるのです。

もちろんカードローンやクレジットではありませんので、給料日が到来したら給料は全額ファクタリング会社に送金することになりますが、ピンチを当日解消できる給料ファクタリングは新しい個人向け資金調達方法として大人気です。

もちろんお金の貸し借りが絡む手続きではありませんので、個人信用情報の調査などもありません。

ファクタリングでブラックでもOKな即日現金化に挑戦!

ファクタリングでブラックでもOKな即日現金化に挑戦!

給料ファクタリングはブラックでも借りられる融資などとは違い、そもそも個人信用情報の調査がありません。そのため、ブラックでも問題なく給料ファクタリングの利用が可能です。

消費者金融やカードローン会社は貸金業法に基づいて必ずその人がお金を返せる人かどうかを審査しなければなりません。

この時にCICの情報などをチェックするというわけです。

しかし、ファクタリングはあくまで一旦買い取ったらそこで契約が完結してしまいますし、給料は次の給料日にそのままファクタリング会社に入金するという契約なのでお金の貸し借りには該当せず、単なる買い取りという区分で完結します。そのため、個人信用情報の調査が必要ないというわけです。

個人信用情報の調査が必要ないというのは、CICやJICCブラックの人にはとても嬉しいポイントです。

個人信用情報の調査や審査が必要ないことから、審査にかかる時間を短縮することが可能となり、結果的に給料ファクタリングで即日現金化が可能なケースも多くなってきました。

今や多くのファクタリング会社が即日現金化OKとして業務を行っています。

ファクタリング会社の営業開始時間までに申し込みをWebから行い、スムーズに話が進めばその日の午後には現金を手にすることができるケースもあります。

まとめ

給料日までお金が無い、となると様々な対策を講じなければなりませんが、ブラックでも借りられる融資に落ちたら、融資に代わる即日現金化の方法とし一番簡単でスピーディーでかつスムーズなのは融資に代わる即日現金化の給料ファクタリングです。もちろん給料ファクタリングを使ったことが勤め先の会社にばれるリスクも、通常の利用状態であればゼロです。

ファクタリングに申し込むことで、個人信用情報の審査などを気にする必要もなく、その日のうちに自分の給料債権を売却することで即日現金化が可能です。お金の悩みは、一日も早く解決しておくのがベストです。

様々な給料ファクタリング会社がありますので、自分の条件に一番マッチする給与ファクタリング会社を比較検討するようにしましょう

給料ファクタリングに代わる新たなファクタリングサービスも誕生しています。その、先駆けとなる「アトムの経費精算ファクタリング」も検討してみてはいかがでしょうか?
経費の建て替えが多い人へ【経費精算ファクタリングのアトム】