ファクタリング会社

ファクタリング.jp|口コミや評判をまとめて解説

今回紹介する新規現金化サービス業者はファクタリング.jp」です。

交通費・経費ファクタリングとして登場したファクタリング.jpはどのようなサービス内容なのでしょうか?

口コミや評判などをもとに、詳しく解説していきます。

ファクタリング.jp

ファクタリング.jpの利用について

まずは、ファクタリング.jpの利用に関する情報についてまとめています。

どのような内容となっているのか確認していきましょう。

手数料 記載なし
ファクタリングの種類 2者間取引
入金のスピード 最短即日
利用者の条件 金融ブラック可
必要書類 ・顔写真付き身分証明書
・領収書、精算書など
・3ヶ月分の給与明細
※その他有効な書類
社員証、名刺、公共料金の明細、銀行口座明細
営業時間 24時間受付

ファクタリング.jpの利用は、会社から支払われる予定の交通費や携帯代、立替経費があれば利用が可能です。

利用に関して、金融ブラックでも申し込みが可能との記載がありますので、幅広い層での利用に期待ができます。

取引の形態は2者間取引となりますので、周囲の人に知られずに利用ができ、最短で即日の現金化ができるでしょう。

必要書類に特別なものはありませんが、経費・領収書ファクタリングですので、領収書や精算書が必要となります。

対応時間の記載がありませんので、夜間や休日の対応状況は不明ですが、申し込みの受付は24時間365日受け付けているようです。

ファクタリング.jpの運営元情報

次に見ていくのは、ファクタリング.jpの運営元の情報についてです。

名称 株式会社エース
代表者 荒川 朝信
住所 東京都港区新橋4-31-3
電話番号 03-5843-3517

ファクタリング.jpは株式会社エースという企業が運営し、東京都港区に所在地を構えています。

港区といえば、日本でも屈指の一等地です。

企業として十分な資金力がなければこのような場所に事務所を構えることはできません。

また、金融サービスとしてはまずまずといった情報開示量の「代表者の氏名」「住所」「固定電話番号」の記載が公式ホームページになされています。

ファクタリング.jpを利用するメリットは?

ここで、ファクタリング.jpを利用するメリットについても見ていきましょう。

周囲に知られず利用可能

ファクタリング.jpでは利用者本人との2者間取引を行っているため、周囲に情報が漏れることはありません。

また、契約はオンライン上で完結しますので、書類が自宅や職場に届くこともなく安心して利用ができます。

審査は最短15分

ファクタリング.jpの審査は最短で15分程度で完了するようです。

急に現金が必要となる場面での活用に期待ができます。

金融ブラックでもOK

ファクタリング.jpの公式ホームページに「金融ブラックの方からのお申込みも可能です」との記載があります。

新たにお金が借りれない、クレジットカードが利用できないといった状態でも申し込みが可能です。

ファクタリング.jpの口コミや評判

ファクタリング.jpの口コミや評判はあまり、多くは確認できませんでした。

その中で、共通した口コミとして「他社を複数利用していても審査に通った」というものが。

ポジティブな意見も、ネガティブな意見も確認ができないものの、利用状況の口コミが確認できていることから、ファクタリング.jpの利用に問題は内容に見受けられます。

ファクタリング.jpの安全性評価

ファクタリング.jpの安全性は、特に問題はないと考えてもよいでしょう。

なぜなら、口コミに利用している人がいることが確認できたものの、ネガティブな意見が見られないからです。

悪徳業者であれば、利用している人の口コミがあれば多くの口コミがされるものです。

ですが、ファクタリング.jpは利用者がいるもののネガティブな意見が見受けられませんでした。

また、最低限の情報開示もなされていますので、トラブル時の責任の追及も可能です。

そのようなことから、ファクタリング.jpの安全性は高いとは言えませんが、問題もないといえるでしょう。

ファクタリング.jpの申し込み方法・手順

ファクタリング.jpの申し込み方法や手順は以下のようになります。

申し込み

公式サイト「お申込み・お問い合わせはこちら」より、LINEにて連絡を行います。

必要書類提出

連絡後、領収書や身分証明書など、必要な書類の提出をします。

審査

書類提出後、領収書の内容や勤務状況など、独自の審査基準で審査が行われます。

契約・入金

審査通過後、オンライン上で契約が行われ、最短15分で入金となります。

まとめ

ファクタリング.jpは情報量が多くはないものの、口コミ上で利用者の確認ができています。

また、他社の利用をしていても審査に通ったとの情報もありますので、現金化の候補の一つとして検討する余地があるでしょう。

精算の終わっていない領収書がある場合は、ファクタリング.jpの利用も一つの手と言えるでしょう。

次々と誕生している現金化の新サービスですが、情報開示は利用の判断基準ともなり、とても重要です。新しい現金化の体系であるEP制度(評価代金制度)を提供している「ツール市場」は、しっかりと情報開示がなされ、安心して利用ができるでしょう。

【最短15分】最新ツールと報酬を即日現金化