ファクタリング会社

個人で給料ファクタリングサービスを扱う業者に注意

個人で給料ファクタリングサービスを扱う業者に注意

個人向けとなる給料ファクタリングも少しずつ知名度が上がってきたように思いますが、これに伴ってTwitter(ツイッター)を媒体に個人で給料ファクタリングサービスの勧誘を行う者もでてきました。

今回は注意喚起として、ツイッターに登場している個人による給料ファクタリングサービスの実態についてお伝えします。

実態は以前からある個人間融資の派生型

実態は以前からある個人間融資の派生型

ツイッターは以前から「個人間融資」あるいは「個人間の助け合い」などの名目で融資を誘い、詐欺や恐喝を駆使して利用者を苦しめる事例が多発していました。

これらは基本的にヤミ金か詐欺目的であるとみて間違いありません。

給料ファクタリングは表向き給料債権の買い取りですが、ヤミ金はそもそも返済できない状態を作りだして相手を追い込むのが目的ですから、金銭を交付するにあたって給料債権があろうがなかろうがそれほど問題にしません。

とにかく金銭を交付して、貸し付けであれば返済ができなくなるように仕向けて、そこから追い込みを始めるのが狙いです。

詐欺目的の場合は、「信用確認のために初回手数料分(貸し付けであれば利息分名目なども)を振り込むように」などと指示して、金銭を奪ってそのまま逃げたりします。

最近ツイッターに登場している、個人で給料ファクタリングサービスを提供している者も上記の派生型で、結局は僅かな金銭を交付して利用者を落としいれるか、詐欺目的で金銭を搾取することが狙いです

相手が女性の場合は性的搾取の手段にも用いられます。

実際、少し前に個人間融資名目で女性が被害にあい、犯人が大阪府の職員だったことで事件がテレビで取り上げられた例がありました。

以前からある個人間融資も最近の個人による給料ファクタリングも、ほとんどはヤミ金まがいか詐欺のどちらかですから、決して利用しないようにしましょう。

次の項では、現状でどんな人物がツイッターで給料ファクタリングをうたっているか見てみます。

Twitter(ツイッター)で給料ファクタリングを誘う人物

Twitter(ツイッター)で給料ファクタリングを誘う人物

①篠原

篠原ツイート

個人であるという理由で15万円程度までの制限を設けています。

表向きは融資ではなくファクタリングであるとうたい、視点を逸らそうとしていますが、利用するのは危険が伴います。

また個人なので手数料が安いともうたっていますが、利用者を惹きつけるための口実にすぎません。

結局は釣り上げた利用者を搾取の対象にして利益を取るのが目的でしょう。

②レディース給料前払いサービス

レディースツイート

女性専用で安心感をうたっていますが、逆に運営する側から見ると顧客となる利用者が女性なわけですから恫喝や搾取がしやすいということです。

女性は性搾取の対象にされやすいので特に注意が必要です。

③給料前払いサービス

給料前払いサービスツイート

土日も対応する迅速さをアピールし、他に利用者が出たことを文面に載せて活況さを誇示していますが、本当かどうか分かりません。

安易に飛びつかないようにしてください。

④全国給料前払い買取サービス

給料前払い買取サービスツイート

夜間も対応するとうたって利便性をアピールし、ダイレクトメールで接触を誘っています。

一度接触してしまうと言葉巧みに個人情報を取られてしまい、金銭の交付を受けなくても弱みを握られてしまうので、接触自体を控えてください。

⑤真島耕助

真島ツイート

「法人として活動しているのでヤミ金等ではない」としていますが、真偽は分かりませんし、仮に法人格を持っていたとしても特に安心材料にはなりません。

不用意な接触は控えてください

以上、ツイッター上の具体的な人物を揚げてみましたが、実際の「中の人」はどのような素性の者かというと、これは色々考えられます。

旧態のヤミ金業者が名目を給料ファクタリングに変えて転身したもの、暴力団や他の犯罪組織が資金源の一つにして営業するもの、詐欺集団など色々です。

組織的に活動している場合もあれば、本当に個人で動いている者もいます。

個人でヤミ金業や詐欺をしている者もいますから、個人だから安心なわけではありません。

最近は上述の大阪府の職員の事案など、本当の素人がヤミ金や詐欺に手を染めるケースも出てきています。

形が融資であれ給料ファクタリングであれ、どちらにしても一度利用してしまうと個人情報はいいように使われ、脅しの材料にされたり他業者に売られて二重三重の被害につながります。

ツイッターで金銭がらみの話題で勧誘する相手には、まずは「接触しない」というスタンスでいることが大切です。

まとめ

まとめ

本章ではツイッターで怪しげな勧誘をする業者を紹介してきました。

これらの業者はヤミ金か詐欺である可能性が非常に高いので、きわめて高リスクですから利用や接触を控えてください

これら怪しげな業者を利用せずとも、しっかり情報開示を行って正規に運営している給料ファクタリング業者がいますから、こちらを利用するべきです。

例えば本サイトでも紹介している七福神やファクタルなどは、責任の所在がはっきりしているので安心して利用できます。

あえて高リスクの業者を利用する必要は全くありませんので、素性のはっきりした業者を利用するようにしてください。

給料ファクタリングに代わる新たなファクタリングサービスも誕生しています。その、先駆けとなる「アトムの経費精算ファクタリング」も検討してみてはいかがでしょうか?
経費の建て替えが多い人へ【経費精算ファクタリングのアトム】